パティシエになる

即戦力になるには

即戦力になる前に

専門学校を卒業して先輩のように働けるくらいの即戦力はまず無理であって、仮にもしか可能であればその職場はレベルが低すぎるので即やめるべきです。

ここで求める即戦力とは新人としての即戦力です。

即戦力になるには

大きく分けて3つあります

1.元気

完全に個人的な考え方ですが元気が70%くらいを占めます。
そんなの簡単って思う方が多いと思いますが、新人で元気のいい子は激レアです。
さらに言うなら暗い子に少し明るくするように指導してもほとんどの子ができなかったり、それがストレスになり辞めていきます。
厳しい言い方ですが暗い子は接客業に向いてないので辞めて正解です。
なので就職する前に明るいキャラになりましょう。

元気は奥が深く、常に元気でいるって難しいです。
怒られた時や、テンパってるときなどの自分が不安定な時にも元気でいられることが重要となります。
大抵の子は怒られたり、失敗すると暗くなります。
これはさらにシェフや先輩を怒らすので辞めた方がいいです。
怒られてもヘラヘラしてると怒られますが、元気なのは怒られる理由がありません。

元気があれば何でもできるとは正にこの事です。

2.考える人

次に大事なのは自分でも考える作業です。

はじめはしょうがないかもしれませんが、先輩の言うことが全てではありません。
言われたことに対してそれに勝る考えがあれば実行しましょう。
実行するといっても勝手にやると怒られるので、先輩に相談するように「1回この方法でやってみてもいいですか?」
と聞いてみてokが出れば実行です。必ず確認を取りましょう。
先輩方も数多くの失敗を重ねて今の方法になってるはずなので「それやったことがあるけど今の方法の方がいい」と言われたら
もっともっと考えていい方法を自分で考えましょう。

自分で考えたものが採用された時の1番のメリットは自分で考えたから自分が1番わかってることです。別記事でも紹介しましたが、イニシアティブの取り方です。
こうなれば同期内でも1つ頭が抜けて2年目の先輩も抜ける視野に入るはずです。
先輩も信頼して新しい仕事を振りやすくなります。

https://home-pastry.com/whattodo/

3.体力

最後に大事なのは体力です。

働き方改革で8時間労働、週休2日が基本となってますが、これ守ってるお菓子屋さんは数えられるほどしか知りません。

自分の店は従業員を雇っていた時期は8時間以内で雇ってましたが、これだと人数が必要で効率が悪くなるので今は自分1人でやっています。

仮に就職した店が8時間労働であってもお菓子屋さんは体力を使う職業です。
全てが業務用なので大きいし重いので大変です。
特に女性は大変なので気にせず男性陣に助けてもらいましょう。

休めるときはしっかり休み、仕事中はプルパワーで働けるような体力をつけましょう。

まとめ

上記で3つほど即戦力になる為のポイントをお伝えしましたが、細かいことを言うとたくさんあるので今回は3つで。

気づいてる方もいると思いますが、これら3つはまとめるとマインド(考え方)です。
学生からプロになるにこのタイミングでマインドに切り替えは必須です。

これができないといつまでたっても学生気分でお手本にされない先輩になるので注意しましょう。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です